Displaying 1 - 3 of 3 entries.

ケータリングの寿司の魅力

  • Posted on 5月 29, 2015 at 3:31 PM

ホームパーティーや親戚の集まりなどで、美味しい料理をお出ししたいと考えたときに一番お手軽なのが、ケータリングの寿司です。
ケータリングのお寿司の魅力は、言うまでもなくプロの職人さんが握っておりますので、握りたてのおいしい寿司を自宅で味わうことができるところです。それに予算に合わせて握ってくれるところもすごく良いです。どうしても外で食べると予算のことは多少気にしながら食べますが、会計の際に予算オーバーをすることはよくあることですので、お店側に予算と食べたいネタを伝えておくだけで、予算オーバーを防ぐところができます。それに何と言っても美味しくて新鮮なネタを自宅でも美味しく食べることができます。輸送技術も昔よりも発達しているおかげで、配送中にも鮮度を落とすことなく美味しい状態で届けられます。
このようにケータリングのお寿司の魅力をあげてみると、すぐにでも注文をしたくなります。電話だけではなく、インターネットからでも簡単に注文ができるようになっておりますし、それにお店によっては事前に予約を入れると割引が適用されることもあり、よりお得に美味しくいただくことができます。
美味しいお寿司は、お店で食べるのも良いですが、家の中でゆっくりと家族や友達と一緒にゆっくりと食べることができるのも、魅力の1つだと考えられます。お盆やお正月にクリスマスなどのイベント以外にも、食べたい時にすぐに注文できるので、すごく便利です。

父の日にピッタリ!疲れたお父さんのために自宅を寿司屋にする方法

  • Posted on 5月 27, 2015 at 3:31 PM

父の日に日頃から家族のために頑張ってくれているお父さんに感謝の気持ちで何かしたいと考えている方も多いと思います。普段はなかなか感謝の気持ちを伝える機会もありませんので、父の日は日頃から思っている感謝の気持ちを伝える絶好の機会でもあります。

ブレゼントを用意したり、外に食事にいくのもいいですが、もっとリラックスして楽しんでもらえることを考えるならケータリングを利用して自宅にいながらお寿司屋さん気分を味わっていただくというのはいかがでしょうか。

我が家であればかしこまって出かける準備もしなくても大丈夫ですし、サプライズで準備することもできます。
思いがけないプレゼントをもらえるのはなんだか得したようで、嬉しさも倍増します。

日頃から外食などで脂っこいものはたくさん食べているでしょうから、ここはあえてヘルシーなお寿司を選ぶとお父さんの健康にも気を遣えるのでいいのではないでしょうか。

外に出て働くということは、端から見ているよりもはるかに疲れがたまります。
上司や顧客に気を遣い、体力的に辛いときでも無理をして働いてくれてるのですから、せめて父の日は日頃の疲れを癒し、ストレスなく過ごしてほしいものです。

たまにはちょっと贅沢して美味しいお寿司を家族団らんで寛ぎながらいただくのもちょっと変わったプレゼントでお父さんにも深く印象に残るのではないかと思います。
ケータリングを便利に使って思い出に残る父の日を演出してみてはいかがでしょうか。

企業向け寿司ケータリングの相場

  • Posted on 5月 25, 2015 at 3:31 PM

企業向けの寿司ケータリングサービスは法人パーティー、忘年会や新年会、歓迎会などでよく利用されます。企業向け寿司ケータリングを選ぶポイントはいくつかありますが、特に重要なのはサービスにかかる費用、会場設置から片付けまでが費用のうちなのか、キャンセル料とその発生する時期、などをチェックしておかなければなりません。高額な費用がかかるものなのでそのあたりを把握しておきましょう。他に依頼する業者がサーブすのエリア内であることを確認します。業者の中には企画などのサポート、返金サービス、紙皿や割り箸無料、試食無料、余った料理の持ち帰りなどを提供しているところもあるので各企業にニーズに合った業者を選びましょう。しかし寿司、となると鮮度の問題もあるので持ち帰りができない場合もあります。寿司ケータリングサービスの相場はおおよそ一人あたり3000円から5000円程度です。料理、フリードリンク、会場設置、撤去などを含めた利用目的別の目安は、法人向けで5000円、忘年会や新年会、歓送迎会で4000円、上棟式、建前で3000円程度となっています。どれも10人から2000人ほどの対応人数になっています。あくまで相場なので若干の上下や、オプションの違いは出てきますが、おおよその目安として把握しておきましょう。また、フリードリンクは別途料金が発生する、アルコール類は別などもよくあります。どの業者も料理代金が10000円ほどを最低発注金額と設定しているところが多いようです。